西オーストラリア州の鉱業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西オーストラリア州の鉱業(Mining in Western Australia)について解説する。

概要[編集]

西オーストラリア州オーストラリア大陸の3分の1ほどを占める広大な面積を持ち、鉄、ニッケル、金、ウランなどの鉱物資源に恵まれている。2007年には566個の採掘計画があり、1,222ヶ所の操業中の鉱山があった。2002-2003年において西オーストラリア州はオーストラリアにおける資源輸出の4割を占め、239億オーストラリアドルの収益をあげた。

産出資源[編集]

[編集]

はヨーロッパ人の移住後、早期に採掘が開始された鉱物で、1839年に中西部のマーチソン川沿いで発見された。

[編集]

は19世紀末に発見され、1885年にゴールドラッシュが起きている。この時は北東部のキンバリー地区であったが、その後、南西部のサザンクロスなどでも発見された。1892年にクルガーディでも発見され、次いで1893年に近隣のカルグーリーでも発見されると大規模なゴールドラッシュが発生した。現在でも西オーストラリア州は国内の金産出量の75%を占めている。

石炭[編集]

石炭の採掘は南部で1846年より開始されている。

[編集]

鉄鉱石は西オーストラリア州が国内産出量の95%を占め、世界と比較しても年間産出量の約2割を占めている。これらは1952年に北西部の山岳地帯で発見され、現在は露天掘りにより採掘されている。

ニッケル[編集]

ニッケルは西オーストラリア州が国内産出量の99%を占め、世界と比較しても年間産出量の約13%を占めている。産出量は年間約14万トンに及ぶ。これらは南部のキャンバルダなどで産出される。

ダイヤモンド[編集]

ダイヤモンドの鉱床は、1969年より組織的な探査が開始され、1979年に北東部にアーガイル鉱山が発見された。採掘開始は1983年である。

ボーキサイト[編集]

ボーキサイトは南西部に鉱床が発見されており、1963年より採掘が開始されている。

ウラン[編集]

ウランについては、州内に複数の鉱山があり、採掘が行なわれている。