裏拳打ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

裏拳打ち(うらけんうち)は、空手拳法などの格闘技武道武術で使用される、裏拳(正拳を裏返した形)を用いた打ち技の一種。突きの使えない至近距離や角度でも、肘のバネと手首の返しで素早く相手を打てる特長がある。この技自体も単に裏拳と呼ばれ、またバックハンドブローとも呼ぶ。また、体を旋回させながら打つものは旋回(回転)式バックブローと呼び、裏拳打ちの一種だが相手の意表を衝く大技である(下の画像は総合格闘技での使用例。旋回裏拳の節を参照)。

02 Alexander Shlemenko vs Robert McDaniel 2008-10-10.jpg


使用部位[編集]

罫線部が裏拳(拳頭の背部)である

正拳突きと同じ握りで、手の甲を下向き(手のひらが上)の形(これを裏拳と呼ぶ)にして、拳頭の背部(手の甲側)もしくは手の甲側全体で加撃する。なお、裏拳の拳頭の前面で真っ直ぐに突く技は裏突きと呼ぶ突き技で、裏拳打ちとは区別される。

  • 拳頭の背部;相手の顔面・頭部の急所である、眉間(烏兎)・鼻の下(人中)・下顎の前面(下昆)・こめかみ(霞)・耳の後ろ等を狙い打つ(競技・試合では殆どは反則となる)。
  • 手甲部全体;耳の後ろの頸部を弾き打つ。フルコンタクト制をとる団体では自由組手スパーリング中国拳法対錬などで、上級者が格下の者に拳や手刀を当てる代わりに、裏拳の手甲部で軽く打って注意を促すのに使用される場合がある。

技の出し方[編集]

空手の基本では、肘から先を走らせてスナップをきかせて相手の顔面・頭部等に打ち込み、すぐに引き戻す動作である。決める際には、踏み出した足の膝をやや落としてウェートを乗せる。

  • 正面打ち;構えから、胸前で拳にした両手を交差し、片方の手は脇へ引き手を取り、同時に内側の手の裏拳を肘のバネを利かしつつ上段正面に向け縦に振り出し、加撃対象に当たる瞬間に手首を返してスナップを効かせ弾き打つ。
  • 左・右打ち;構えから、打つ側に顔を向け、打つ側の拳は反対側の肩前に構え、もう一方の手は打つ側の手の脇下に構える。打つ側の手は正面打ちと同様の仕方で側方上段に裏拳を振り出して打ち、残りの手は拳のまま胸前を擦るように脇へ引き戻す(引き手を取る)。
  • 脾臓打ち極真空手系統では相手の腰の上の背面を裏拳で打つものが有り、特に脾臓打ちと呼んでいる。基本練習では、みぞおち付近の胸前で縦拳を上下に重ねる様に構え、打つ方の側方に顔を向け、下側の拳を見ている方向の中段に横に振り出し拳頭の背部打ち当て、ただちに元の位置へ引き戻す。

技の使用の実際[編集]

正拳突きと異なり単独で使われるよりも、本来は動きの流れの中で他の攻撃技や受けと組み合わせて用いられる技である。

例えば、相手の正拳突きを掛け受け押さえ受けで制しながら、即時に残りの手で裏拳打ちを決める。あるいは回し蹴り横蹴りの蹴り足を踏み込んで、その勢いで相手の顔面に裏拳打ちを決める。また、空手の型の中には横蹴りと同時に蹴る側の上段に裏拳打ちを合わせるものもある。

しかし、裏拳打ちは素手・素足・素面を前提とした実際の試合・競技では当てれば殆ど反則になるためにあまり用いられない。一方、防具やグローブを使用する試合・競技では正拳突きやパンチに比較して打撃力が劣るため回転裏拳(後述)以外はやはりあまり使われない。また、ボクシングでもバックハンドブローと呼ばれ裏拳打ちは反則である。

裏拳打ちの応用[編集]

伝統派の空手・中国武術等[編集]

空手の源流である唐手の場合、そのままトンファーなどを回転させて打つ動きにも繋がる。

旋回裏拳[編集]

裏拳には旋回しながらして打つ技旋回裏拳回転裏拳キックボクシング等のリング上の格闘技ではバックハンドブロー)もあり、旋回の勢いで振り抜く技である。命中すればテクニック・パワーがなくとも大ダメージを与えることができ、一発逆転技として有効である。これはキックボクシングやプロレスなどで見られる。ボクシングではピボットブローと呼ばれ、反則である。また、バックハンドブローは回転して使用すると加撃が不正確になり易く拳を痛めやすいため、裏拳ではなく鉄槌(握り拳の小指側の底部)で代用することも多い。

主な使用者[編集]

プロレスリング
テレビゲーム

関連項目[編集]