蒼空時雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

蒼空時雨』(あおぞらしぐれ)は綾崎隼による小説作品。 第16回電撃小説大賞を受賞し、2010年1月にメディアワークス文庫より発売された。

花鳥風月シリーズ』の第一作目で、シリーズのイラストはワカマツカオリ

後に発売された『吐息雪色』は、本作の3年後を舞台としており、楠木風夏が再登場する。

メディアワークス文庫の創刊一周年を記念したアンソロジー『19―ナインティーン―』には舞原零央と思われる人物が登場する。

主人公の一人である紀橋朱利の高校生時代の物語が、『電撃文庫MAGAZINE』にて連載された。


登場人物[編集]

舞原 零央(まいばら れお)
裕福な家庭に育った我儘青年。姉がいる。実家に生活援助を受けながら探偵事務所を経営している。
紀橋 朱利(きのはし しゅり)
零央の高校時代の先輩で、同じアパートの住人。母親との関係に疲れ、大学進学を機に上京、卒業後も都内で就職する。
譲原 紗矢(ゆずりはら さや)
零央の中学時代の同級生。幼い頃に事故で両親を亡くし、施設で育つ。人生に絶望し、縋る思いで初恋相手の零央に会いに来るが・・・?
楠木 風夏(くすのき ふうか)
零央と朱里の高校時代からの友人。彼らと学校は違うが、同じ演劇部に所属していた。幼い頃に父親を事故で亡くす。
楠木 蓮(くすのき れん)
風夏の夫。
朽月 夏音(くちつき かのん)
風夏の双子の姉。零央の高校時代の先輩。
朽月 稜(くちつき りょう)
夏音と風夏の義兄。夏音達の母親の再婚相手の連れ子。幼い頃から病弱で通学も出来なかった。

舞台[編集]

舞台『蒼空時雨』の題で、2011年7月12日から7月18日まで、テアトルBONBONで上演。全11公演。 トライフルエンターテインメントプロデュース。

キャスト[編集]


外部リンク[編集]