胴付長靴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

胴付長靴(どうつきながくつ)とは、胸元まで及ぶゴム製の防水ブーツ(ズボン)である。胴長靴、ウェーダーともいう。長靴でも濡れないようにサイズが拡大した結果、大きい物では胸元まで及ぶ大きさとなった。清掃魚介類の荷さばきなど水を扱う作業現場、川や海の中に入り込んで行う釣りなどに用いられる。

注意点[編集]

便利な道具であるが、河川などで使用している最中に転倒して中に水が侵入した場合、重さのため身動きが取れなくなり、最悪、溺死するケースがある。流水の激しい場所での利用は控えるべきである。こうした危険性は製品の注意書きにも記載されているが、単純な道具だけに見逃されることが多い。もし、釣りなどで利用する場合は、必ずライフジャケットを着用すること。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]