肉蒲団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rouputuan1705.jpg

肉蒲団(にくぶとん)は、中国、代の小説。好色文学のひとつ。別名、覚後禅。英語では Carnal Prayer Mat 。6巻20回。李漁の作であろうとされる。

主人公の青年、未央生が色道遍歴の末、仏門に帰依するという物語であり、その性描写で知られる。

物語中で、未央生と妻の玉香が代の画家・趙孟頫の春画『三十六幅春画冊』を観る描写がある。またこの作品を題材とした、作者未詳の十六葉の春画冊(「玉香行水図」など)がある。

影響[編集]

『肉蒲団』は朝鮮にも影響を及ぼし、『東廂記』『北廂記』などの好色文学に影響を与えた。十六葉の春画冊は金弘道の『春画十図』に影響を与えた。

日本語訳[編集]

映画化[編集]