節制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

節制(せっせい、: σωφροσύνη, : temperantia, : temperance)とは、古代ギリシア以来の西洋における重要な徳目の1つ。「枢要徳」(四元徳)の1つにも数えられる。

歴史[編集]

古代ギリシア[編集]

ギリシア語で節制を意味する「ソープロシュネー」(: σωφροσύνη)は、「ソー」(健全な)と「プロシュネー」(思慮)の合成語であり、語義通りには、「思慮の健全さ」を意味する[1]

プラトンは、初期の対話篇『カルミデス』にて、これを主題的に扱っている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『プラトン全集7』岩波書店 p245

関連項目[編集]