福田有広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

福田 有広(ふくだ ありひろ、1964年 - 2003年11月16日)は、日本政治学者。専門は、政治学史(政治思想史)、特に共和主義の研究。佐々木毅に師事。元東京大学大学院法学政治学研究科助教授(現准教授

人物・経歴[編集]

筑波大学附属駒場高等学校を経て、1988年東京大学法学部卒業。オックスフォード大学留学、東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て、1993年から東京大学大学院法学政治学研究科政治思想史講座助教授。2003年、39歳で[1]急性心不全で急逝。

著書[編集]

単著[編集]

  • Sovereignty and the Sword: Harrington, Hobbes, and Mixed Government in the English Civil Wars, (Clarendon Press, 1997).

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報東京大学学内広報1278号、2012年9月15日閲覧