神々のワードプロセッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神々のワードプロセッサ』(Word Processor of the Gods)は、スティーヴン・キング短編小説である。1983年に「PLAYBOY」誌に掲載された『Word Processor』が初出であり、後に短編集『en:Skeleton Crew』(1985年)に収録された。

日本語訳は本作を表題とした短編集『神々のワードプロセッサ』に収録されている。

あらすじ[編集]

リチャードはハイスクールの教職にあり、ろくでなしの兄を持ち、心の通わない妻子と暮らしている。リチャードはかつて小説家を志しており、現在もその夢を捨てられないでいる。機械いじりの得意な甥のジョナサンを可愛がっていたが、彼は交通事故により帰らぬ人となる。

自身の何度目かの誕生日、彼の元にジョナサンからのプレゼント―手製のワードプロセッサが届く。リチャードはそのワードプロセッサに現実世界を改変する力があることを発見する。ワードプロセッサである単語を削除すると現実世界の実物も「削除」され、単語を挿入すると現実世界にも実物が「挿入」されるのだ……。

トリビア[編集]

短編集『神々のワードプロセッサ』[編集]

Skeleton Crew』は分冊形式で3回に分けて日本語訳されている。短編集『神々のワードプロセッサ』はその第2分冊にあたり、タイトル作品を含む6編が収録されている。

収録作品[編集]

出版情報[編集]

  • スティーヴン・キング短編傑作全集 2 神々のワードプロセッサ(サンケイ文庫
出版所:サンケイ出版
出版日:1987年2月
ISBN 4-383-02590-0
発行所:扶桑社
出版日:1988年5月
ISBN 4-594-00285-4

関連項目[編集]

Skeleton Crew』の日本語訳第1分冊
Skeleton Crew』の日本語訳第3分冊