白昼の暴行魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白昼の暴行魔
La settima donna
監督 フランコ・プロスペリイタリア語版
脚本 ロマノ・ミグリオリーニ
ジャンバティスタ・ムゼット
原案 エットレ・サンゾ
製作 ピノ・ブリッチ
出演者 フロリンダ・ボルカン英語版
レイ・ラブロック
音楽 ロベルト・プレガディオ英語版
撮影 クリスティアーノ・ポガニー
編集 Francesco Malvestito
配給 日本の旗 松竹/富士映画
公開 イタリアの旗 1978年4月20日
日本の旗 1978年11月18日
上映時間 96分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

白昼の暴行魔』(La settima donna, 英語: The Last House on the Beach)は、1978年のイタリアの映画である。

本作の最後のシーンはクエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ in グラインドハウス』の最後のシーンに影響を与えている[1][2][3]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ David Annandale (2008年11月1日). “Death-Proofing the Last House on the Beach”. Upcoming Discs. 2011年12月26日閲覧。
  2. ^ The Last House on the Beach - Review”. Fright.com. 2011年12月26日閲覧。
  3. ^ Gianluca Macrì (2007年12月2日). “Ray Lovelock: "It’s easy when you’re Big In Japan"” (イタリア語). Omero.it. 2011年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]