王立陸軍士官学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1806年から1939年まで使用された建物

王立陸軍士官学校(the Royal Military Academy)はロンドンの南東ウリッチに存在したイギリス陸軍における陸軍士官学校。当初は砲兵及び工兵士官の養成を担当したが、後にはほかの専門職についても担当している。RMAと略される場合もある。

王立陸軍士官学校は1741年に開校した。当時はイギリス軍の武器保管所付属の工房の建物を利用したため、the Shopと呼ばれていた。

著名な教官としては、フレデリック・オーガスタス・アベル、ピーター・バーロー、サミュエル・ハンター・クリスティー、ポール・サンドビーなどがいた。

1799年には二つ目の士官学校である王立陸軍大学(Royal Military College;RMC)がバークシャーサンドハーストに設けられており、こちらは歩兵及び騎兵士官の養成を担当している。両校は1939年第二次世界大戦の開幕とともに閉鎖され、戦後1947年になって新たにサンドハースト王立陸軍士官学校(the Royal Military Academy Sandhurst)が設けられ現在に続いている。

外部リンク[編集]