王梵志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

王梵志(おう ぼんし、生卒年不詳)は、中国代、恐らくは8世紀後半の仏教詩人、詩僧である。黎陽(河南省浚県)の人とされる。

その伝歴は不明であるが、俗語を用いて仏理をまじえた平易な教訓詩を多数のこした、とされる。古くより、伝説的な要素が強く、仏理に達した人であると考えられていた。その詩は、仏教の因果応報諸行無常の教理を、現実の生活に即して説いたものであり、その作者像として想定されるのは、街巷や山郷などを遊方してまわり、説教した遊化僧のそれである。

詩集は、9世紀までには日本に伝来しており、『日本国見在書目録』にも著録されているが、宋代には散佚していた。20世紀初に発見された敦煌文献中に、それが含まれていた。その内容は、寒山拾得の詩と共通点を持つ。

校本[編集]

参考文献[編集]

  • 入矢義高「王梵志について」(『中国文学報』3・4、1956年)
  • 入矢義高「王梵志詩集攷」(『神田博士還暦記念書誌学論集』、1957年)
  • 遊佐昇「「王梵志詩」のもつ両側面」(『大正大学大学院研究論集』2、1978年)
  • 遊佐昇「敦煌文献にあらわれた童蒙庶民教育倫理:王梵志詩・太公家教等を中心として」(『大正大学大学院研究論集』4、1980年)
  • 蔵中進「中国における王梵志、日本における王梵志」(『新世紀の日中文学関係:その回顧と展望』、2003年)