烏臼油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

烏臼油(うきゅうゆ)は、トウダイグサ科ナンキンハゼ (Triadica sebifera) の種子から得られる植物油の一種である[1]。絵画やニスにおいて乾燥剤として使用されている[2]。また、石鹸ろうそくの原料や、薬用(腫物、皮膚病)とされる。

脚注[編集]

  1. ^ James A. Duke, (1982). Handbook of Energy Crops: Sapium sebiferum (L.) Roxb.. From the Purdue Center for New Crops Web site.
  2. ^ FAO (1994). “Vegetable and Animal Oils and Fats”. Definition and Classification of Commodities. http://www.fao.org/es/faodef/fdef14e.htm 2006年11月19日閲覧。. 

参考文献[編集]

  • A. Crossley and T.P. Hilditch (1950). “The Component Acids Of Some Authentic And Commercial Stillingia Oils”. J. Sci. Food Agric. 1 (10): 292. doi:10.1002/jsfa.2740011003. 
  • A. Crossley and T.P. Hilditch (1953). “The Component Of Stillingia Oil”. J. Sci. Food Agric. 4: 38. doi:10.1002/jsfa.2740040107.