準縮小半群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数学解析学の分野において、C0半群 Γ(t), t ≥ 0 が準縮小半群(じゅんしゅくしょうはんぐん、: quasicontraction semigroup)であるとは、すべての t ≥ 0 に対して ||Γ(t)|| ≤ exp(ωt) が成立するようなある定数 ω が存在することを言う。Γ(t) が縮小半群であるとは、すべての t ≥ 0 に対して ||Γ(t)|| ≤ 1 が成立することを言う。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Renardy, Michael; Rogers, Robert C. (2004). An introduction to partial differential equations. Texts in Applied Mathematics 13 (Second edition ed.). New York: Springer-Verlag. p. xiv+434. ISBN 0-387-00444-0.  MR:2028503