武田修一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武田 修一(たけだ しゅういち)は、日本の言語学者静岡県立大学大学院国際関係学研究科教授。専門は英語学(文法論・意味論)。

学歴[編集]

  • 1974年3月 東京学芸大学教育学部中等教員養成課程英語学科卒業
  • 1976年3月 東京学芸大学大学院修士課程教育学研究科英語教育専攻(英語学)修了
  • 1980年1月 筑波大学大学院博士課程文芸・言語研究科言語学専攻(英語学)修了

学位[編集]

  • 教育学修士(東京学芸大学大学院、英語学、1976年)
  • 文学博士(筑波大学大学院、英語学、1980年)

経歴[編集]

  • 1980年2月 筑波大学現代語・現代文化学系 助手
  • 1980年4月 静岡女子大学文学部英文学科 専任講師
  • 1982年4月 静岡女子大学文学部英文学科 助教授
  • 1987年4月 静岡県立大学国際関係学部国際言語文化学科助教授
  • 1991年4月 静岡県立大学国際関係学部国際言語文化学科教授(現在に至る)
  • 1991年4月 静岡県立大学国際関係学研究科比較文化専攻 教授(現在に至る)

研究業績[編集]

  •  1) Reference and Noun Phrases(リ-ベル出版、東京)、1981年
  •  2) 英語意味論の諸相(リーベル出版、東京)、1998年〈学術論文〉
  •  3) 英文法のからくり(丸善ライブラリー)〔共著〕(丸善株式会社、東京)、2001年
  •  4) Adverb Placement and Sentence Stress、 Studies in English Literature (日本英文学会)、151-167頁、1983年
  •  5) Existence and the Time Axis of Verbs、English Linguistics Today(開拓社)、85-97頁、1985年
  •  6) 頻度の副詞の配置をめぐって、『英語青年』9月号(研究社出版)、268頁、1987年
  •  7) 意味論研究の方法と課題、『文化・文明の新しき地平』(北樹出版)、143-172頁、1988年
  •  8) 文代名詞soを伴った挿入節、『英語青年』10月号(研究社出版)、337頁、1989年
  •  9) 他動性に関する一考察、『現代英語学の諸相』(開拓社)、462-469頁、1991年
  •  10) 指示現象の認知意味論的考察、『現代英語学の歩み』(開拓社)、325-332頁、1991年
  •  11) 英語表現に見る誘引現象に関する―考察、「市河三喜賞 36年の軌跡」(開拓社)、289-297頁.2003年
  •  12)The Discourse Semantics of Visual Perception and Knowledge,Tsukuba English Studies 22(Tsukuba English Linguistic Society),177-190頁,2004年

外部リンク[編集]

武田修一プロフィール