武当派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

武当派(ぶとうは)は、武俠小説などにおいて名門の一派として登場する中国武術の一派。張三豊太極拳の創始者に仮託されている)が創設したとされる。武当山を本拠とする。

武俠小説の武当派[編集]

金庸武俠小説のいくつかで名門一派として登場する。

  • 倚天屠龍記』 (元末明初)では、少林派、華山派、峨嵋派、崑崙派、崆峒派とあわせて「六大門派」と呼ばれた。少林寺で覚遠大師の弟子だった張三豊が創設した。

武当派奥義[編集]

  • 太極拳
  • 太極剣
  • 武当九陽功
  • 純陽無極功
  • 梯雲縱
  • 推心置腹
  • 四通八達
  • 鹿死誰手
  • 羅漢拳
  • 真武七截陣
  • 武当派的武功
  • 倚天屠龍功

達人[編集]

現実の武当派[編集]

高官でありながら、武式太極拳の創始者である武禹襄(1812年-1880年)の流れを汲む。当時、北京や天津地域で盛んだった地方武術、長拳、炮捶、紅拳、太極拳八卦掌形意拳などを取り入れている。武禹襄の幼なじみである楊家太極拳の創始者楊露禅により、武当太極拳の一〇八式が楊家太極拳一〇八式として編成され、それを、その孫である楊澄甫が編成した楊家八十五式などが、現在、世界各国の華僑の一部で、古式楊式太極拳として伝承されている。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 書籍《簡化24式太極拳で骨の髄まで練り上げる技法》P71 「十三勢」より引用

参考文献(出典)[編集]

  • 王政樹(著) 『簡化24式太極拳で骨の髄まで練り上げる技法』 エムジーエフ出版、横浜、2014年ISBN 9784990761004

関連項目[編集]