榊道人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

榊道人(さかき みちと、1983年5月19日 - )は日本のオーストラリアンフットボール選手。加瀬毅と並び、現在の日本のオーストラリアンフットボールのシンボル的存在。

神奈川県出身。早稲田大学在学中にオーストラリアンフットボールを始める。

2008年のインターナショナルカップでは日本代表(サムライズ)のキャプテンを務めた。

外部リンク[編集]