楊醜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

楊醜(よう しゅう、? - 198年?)は、中国後漢時代末期の武将

正史の事跡[編集]

姓名 楊醜
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 198年建安3年)?
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 将〔張楊〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 張楊
家族・一族 〔不詳〕

張楊配下。主君の張楊は同郷の誼から呂布と親友の仲にあり、建安3年(198年)に呂布が曹操の猛攻によって徐州で追いつめられたとき、張楊は呂布を救援しようとした。

建安3年(198年)11月[1]、楊醜は謀反して張楊を殺し、その首を曹操への手土産にしようとした。しかし、主君を殺されたことに怒った同僚の眭固によって、楊醜も殺されてしまった。没年は同3年、あるいは翌4年(199年)とも考えられる。

小説『三国志演義』では、曹操への情報伝達で名前が出るのみである。

[編集]

  1. ^ なお、『後漢書』孝献帝紀は建安3年11月に張楊は盗賊に殺された、同董卓伝は建安4年に楊醜に殺された、と記載しているが、本記事では、時期につき前者の説を採り、加害者は後者の説を採る。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書8張楊伝
  • 同魏書1武帝紀
  • 同魏書17于禁伝、徐晃伝
  • 後漢書』本紀9孝献帝紀
  • 同列伝62董卓伝
  • 三国演義