楊渥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
烈祖 楊渥
第2代王
王朝
在位期間 905年 - 908年
姓・諱 楊渥
奉天
諡号 威王(唐の弘農郡王として)
景王(高祖による)
景皇帝(睿帝による)
廟号 烈祖
烈宗(『新五代史』)
生年 光啓2年(886年
没年 天祐5年(908年
太祖
陵墓 紹陵

楊渥(よう あく)は十国の第2代王。太祖楊行密の長男。呉の君主の一人と認められているが、その在位中には呉王と名乗っていなかった。

生涯[編集]

楊行密の在位時には牙内諸軍使で、その晩年に病が重くなると宣州観察使となった。

天祐2年(905年)、父が死去すると跡を継ぎ、から淮南節度使・東南諸道行営都統・侍中・弘農郡王に任じられた。

楊渥は遊興にふけり、左衙指揮使張顥と右衙指揮使徐温の諫言を聞かず、父の代からの旧臣を威圧したため、天祐4年(907年、既には滅びていたが、呉は後梁を認めていなかったため、唐の年号を使い続けていた)、張顥と徐温はクーデターを起こし、権力を奪取した。翌年に両者に殺害された。

死後、威王と諡されたが、弟の楊隆演が呉王になると改めて景王と諡された。廟号は烈祖(『新五代史』では烈宗とする)。楊溥の代に景帝と追尊された。

先代:
太祖
十国呉の第2代
905年 - 908年
次代:
高祖