曹詢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

曹詢(そうじゅん、231年 - 244年)は、三国時代の第3代皇帝曹芳の兄弟。一般的には「秦王」と記載されている。

略歴[編集]

2代皇帝の明帝(曹叡)の子が相次いで夭折したために、親族の秦王詢と斉王芳の兄弟は養子に迎えられて養育されていた。だが、曹詢・曹芳の経歴ははっきりと判明してはいない[1]

青龍三年(235年)八月、芳と共に王に立てられ、詢は秦王、芳は斉王になる。

景初三年(239年)一月、曹叡崩御の際、曹叡の枕元で司馬懿を後見人とする旨を告げられる[2]

正始五年(244年)八月、秦王曹詢は逝去した。 同年十一月に秦国は京兆郡に戻された。


脚注[編集]

  1. ^ 三国志魏書斉王紀では、曹芳・曹詢の実父は記されず、由来を知る者はない、とされている。ただし、裴松之注が引用する孫盛の『魏氏春秋』には、済南王曹楷(武帝曹操の孫で、曹彰の嫡子)の子という説が記されている。
  2. ^ 裴松之引用の「魏略」による。また「魏氏春秋」によれば、このとき、皇太子芳は8歳、詢は9歳であったとされる。