明氏亀谷家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明氏亀谷家
No image available.svg
丸菱右巴
本姓 明氏
(伝承・第一尚氏後裔)
家祖 阿手津親雲上長孫
種別 琉球士族(筑登之家)
出身地 琉球王国
主な根拠地 琉球王国
凡例 / Category:日本の氏族

明氏亀谷家(みんしかめやけ)は、照屋親雲上長太を元祖とする明氏安次冨家から分かれた琉球士族。門中の間では、琉球王国第一尚氏王統第七代国王・尚徳王の三男・屋比久大屋子の流れを汲んでいると信じられている。


概要[編集]

尚徳王の世子・佐敷王子、次男・浦添王子は第二尚氏尚円王への世替り(クーデターという説もある)の折、殺害された。三男はこのとき三歳、乳母に抱かれ先祖の地、佐敷に落ちのびたとされる。後に佐敷間切・屋比久の地頭となり、屋比久大屋子と称する。明氏はその後裔である。一世長太は第二尚氏王朝・尚清王に仕える。二世長孫は長太の次男で、明氏の直系は、兄・上江洲親雲上長均の家系である明氏安次富家で、長孫は分家独立し、先祖の遺領、奄美阿鉄の地頭になり(阿手津親雲上)、かつ第一尚氏王朝以前(屋蔵大主、鮫川大主時代)の地である伊平屋島の按司掟に任じられた。また四世長頼(亀谷親雲上)の時、王孫の由緒をもって王府より王城の地首里移住を許される。これより、この子孫は首里士族としての道を歩む。

第一尚氏嫡流“明姓”の由来[編集]

琉球と明との関係は1372年、明の太祖の招諭を、時の中山王察度が応じて使者を派遣したのに始まる。いわゆる冊封体制が成立した。こののち第一尚氏王朝はこれを引き継いだ。第一尚氏王朝と明王朝はきわめて緊密で親しい関係にあった。明王朝も琉球国を重視し『明実録』には、明と琉球との交流、琉球国の動向が詳細に記録されている。琉球と明との関係は朝貢関係ではあるが、むしろ「親子」関係、いや「祖父母と孫」とに似た関係とも言えるであろう。明王朝に対する親しみ、尊敬、敬慕の念は第一尚氏王朝の歴代国王、その末裔に脈々と受け継がれた。

のち第二尚氏王朝時代、王府に系図座が創設され 士族が唐名(中国名)を名のるようになった時、第一尚氏嫡流の子孫は明王朝との繋がりの中で、“明姓”を名のったのである。清王朝に対する明王朝、第二尚氏王朝に対する第一尚氏王朝、現王朝に対する前王朝を、暗に意味していることは言うまでもない。“尚姓”を超える“明姓”ともとれる。 また、日=てだ(太陽)、月=月しろ(第一尚氏の守護神)とを合わせたものである。との伝承もあることを付け加えておく。

紋章[編集]

琉球王家紋章『左三つ巴』と亀谷家紋章『丸菱右巴』

琉球王家の紋は左三つ巴、俗に"左御紋"と言う。 この紋の由来は、第一尚氏王朝から始まったものではなく、当家が王となる以前から(鮫川大主以前の時代より)この三つ巴の紋を使用していた。 のち第二尚氏王朝はそれをそのまま引き継いだのである。 しかし巴紋は子々孫々に受け継がれた。第一尚氏嫡流 明姓亀谷宗家に伝わる紋に『丸菱右巴』がある。 これは時の琉球王家の三つ巴をはばかり「一つ巴」とした紋である。

系譜[編集]

第一尚氏王統時代[編集]

第二尚氏王統時代[編集]

  • 屋比久大屋子(尚徳王三男)
  • 天久大屋子(屋比久四男)
  • 照屋親雲上長太(天久長男)
    • 上江洲親雲上長均(長太長男・安次富家)
    • 阿手津親雲上長孫(長太次男・亀谷家)

(出典:比嘉朝進『士族門中家譜』球陽出版、2005年、72頁参照。)


  • 一世・照屋親雲上長太(屋比久四男、兼城間切照屋地頭職)
  • 二世・阿手津親雲上長孫(長太次男、明氏亀谷家元祖。奄美大島阿鉄地頭職)
  • 三世・照屋掟親雲上長詠(長孫長男)
  • 三世・喜屋武親雲上長昌(長孫次男、喜屋武間切総地頭職)
  • 四世・喜屋武親雲上長旨(長昌長男、喜屋武間切総地頭職)
  • 四世・亀谷親雲上長頼(長昌六男、津堅亀谷地頭職)
  • 五世・亀谷筑登之親雲上長興(長頼長男)
  • 五世・亀谷筑登之親雲上長増(長頼三男)
  • 六世・亀谷筑登之親雲上長紀(長増長男)
  • 七世・亀谷長儀(長紀長男)
  • 七世・亀谷筑登之親雲上長栄(六世長紀五男)
  • 八世・亀谷子長形(長栄長男)
  • 九世・亀谷筑登之親雲上長和(七世長栄次男、八世長穀の長男)
  • 十世・亀谷筑登之長賢(長和長男)
  • 十一世・亀谷筑登之長孝(九世長和次男、十世長済の長男)

(『明姓家譜(亀谷家)』[1]より)

廃藩置県以降[編集]

  • 十二世・亀谷長睦(長済の次男長常三男)
  • 十三世・亀谷長英(長睦長男)
  • 十四世・亀谷長健(長英長男)

参考文献[編集]

  • 『明姓家譜(亀谷家)』
  • 『球陽』

関連事項[編集]