第一尚氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尚氏
(第一尚氏)
No image available.svg
(家紋)
本姓 尚氏[1]
家祖 尚思紹王
種別 王室
出身地 琉球王国
主な根拠地 琉球王国
著名な人物 尚巴志王
尚泰久王
尚徳王
支流、分家 明氏(伝承)
孫氏
武氏(伝承)
習氏(伝承)
凡例 / Category:日本の氏族
復元された首里城
沖縄県の歴史年表



沖縄諸島 先島諸島
旧石器時代 先島
先史時代
貝塚時代


グスク時代
三山時代
北山中山南山



第一尚氏王統
第二尚氏王統

薩摩藩支配)

沖縄県

アメリカ合衆国による沖縄統治
沖縄県
主な出来事
関連項目
カテゴリ カテゴリ - コモンズ コモンズ
このテンプレートを表示

第一尚氏(だいいちしょうし)は尚思紹王を始祖とし、7代63年間(1406年永楽4年)- 1469年成化5年))続いた琉球最初の統一王朝をつくりあげた王家およびその姓の通称。正式には尚氏だが、第二尚氏と区別するために、一般には第一尚氏と呼ばれる[2]

概要[編集]

1406年佐敷按司であった尚巴志中山王武寧を攻め滅ぼし、父・尚思紹を中山王位に即ける。これが第一尚氏の始まりである。第一尚氏は1416年、尚思紹在位中に北山王国を、2代尚巴志即位後の1429年南山王国を滅ぼし、沖縄本島を初めて統一して、滅亡までに先島諸島を除く沖縄諸島奄美群島を制圧した。5代尚金福王の時代に首里那覇を結ぶ長虹堤を築造。6代尚泰久王の時代に護佐丸阿麻和利の乱が起きた。7代尚徳王の時に金丸(後の尚円王)の即位により王朝は滅亡した。なお、『氏集』や家譜には記載はないが、明氏、孫氏、武氏、習氏等、いくつかの門中では第一尚氏後裔との伝承がある[2]

尚姓賜姓問題[編集]

中山世譜』には、尚巴志が明より「尚姓」を賜ったとあるが、『明実録』にはそのような記載はない。『球陽』には、明の宣徳帝が冊封使・柴山を遣わし、1430年、尚姓を与えたとあるが、『明実録』にはそれより15年前の1415年より、尚巴志と名乗っていた事実が記載されており矛盾している。

おもろさうし』には、「さはち人(きよ)」「親(おや)さはち」等の人名が記載されており、15世紀当時「さはち」という童名が琉球にあったと見え、それゆえ、尚巴志も単に「さはち(尚巴志)」という童名の当て字であり、それが後世になって姓名のように誤解されたのではないかとする説もある[3]

第一尚氏、名和氏説[編集]

第一尚氏は佐敷按司の出であるが、その元を名和氏に求める説が存在する。これは折口信夫が唱えたもので、肥後国八代を拠点にしていた名和氏の一部が沖縄佐敷に渡り、第一尚氏になったのではないかとする説である。

名和氏は元来伯耆の出であるが、建武の新政の際、恩賞として肥後国八代の荘の地頭職を賜る。南北朝期南朝方に属していた名和氏は北朝方に圧迫され、征西府を頼りに九州へ下向し八代に拠点を構える。名和氏はこの地で日朝交易に携わるなど、水軍としても活発に活動している。折口説によると、この名和氏の一部が沖縄本島に渡り東南海岸のヤマトバンタに拠点を構え、八代近くの肥後佐敷に因んで佐敷と名付け、第一尚氏になったのではないかと推測している。また、肥後から沖縄本島に渡ってきたのは尚思紹の父、鮫川大主ではないか、尚思紹は苗代大親(なわしろふうや)とも称したがこの苗は名和に通じ代は八代に通じる、尚思紹についても紹は絽を明国が誤記したものであり、本来は尚思絽(なわしろ)と読むべきものであった、としている。

さらに『おもろさうし』第十四-四十六に、運天に「やまとやしろのいくさ(軍勢)」が上陸し勝利を収めたことが記されている。伊波普猷は『琉球史料叢書 三』の中で、この歌は源為朝の上陸や島津氏琉球入りを表したものではなく「室町中期以後に、落武者倭寇などの、今帰仁半島に上陸した事を語る、一史料」と位置づけている。折口はこの「やまとやしろの軍勢」に着目し、これは肥後八代に縁のある尚巴志の軍勢のことで、尚巴志の北山征伐を歌ったものではないかとも推測している。

一方で折口説に対し、東恩納寛惇、嘉手納宗徳らから反論がなされている。それによると、「『明実録』には思紹の名は中山王思紹としか記載されておらず、思紹の生前尚思紹と唱えた例が無い。思紹に尚姓を冠したのは『中山世鑑』からのことで、尚姓は明から賜ったものではなく巴志以後に自ら名乗ったものであり、尚思紹をなわしろとする折口説は当らない」としている。また、自ら名和(なわ)を中国風の一字の氏、尚(なお)に改めたとする説もある。

谷川健一『甦る海上の道・日本と琉球』(文春新書2007年ISBN 978-4-16-660560-6 参照

脚注[編集]

  1. ^ 琉球王国正史中山世鑑』や『おもろさうし』、『鎮西琉球記』、『椿説弓張月』などでは、源為朝は現在の沖縄県の地に逃れ、その子が琉球王家の始祖舜天になったとされる。この話がのちに曲亭馬琴の『椿説弓張月』を産んだ。日琉同祖論と関連づけて語られる事が多く、この話に基づき、大正11年には為朝上陸の碑が建てられた。表側に「上陸の碑」と刻まれて、その左斜め下にはこの碑を建てることに尽力した東郷平八郎の名が刻まれている。なお、『中山世鑑』を編纂した羽地朝秀は、摂政就任後の1673年3月の仕置書(令達及び意見を記し置きした書)で、琉球の人々の祖先は、かつて日本から渡来してきたのであり、また有形無形の名詞はよく通じるが、話し言葉が日本と相違しているのは、遠国のため交通が長い間途絶えていたからであると語り、源為朝が王家の祖先だというだけでなく琉球の人々の祖先が日本からの渡来人であると述べている。(真境名安興『真境名安興全集』第一巻19頁参照。元の文は「「此国人生初は、日本より為渡儀疑無御座候。然れば末世の今に、天地山川五形五倫鳥獣草木の名に至る迄皆通達せり。雖然言葉の余相違は遠国の上久敷融通為絶故也」)なお、最近の遺伝子の研究で沖縄県民と九州以北の本土住民とは、同じ祖先を持つことが明らかになっている。高宮広士札幌大学教授が、沖縄の島々に人間が適応できたのは縄文中期後半から後期以降である為、10世紀から12世紀頃に農耕をする人々が九州から沖縄に移住したと指摘(2010年4月16日)するように、近年の考古学などの研究も含めて南西諸島の住民の先祖は、九州南部から比較的新しい時期(10世紀前後)に南下して定住したものが主体であると推測されている。
  2. ^ a b 尚氏については太田亮著、上田萬年三上参次監修『姓氏家系大辞典 第2巻』(角川書店1934年)2948頁参照。
  3. ^ 与並岳生『新琉球王統史3・思紹王・尚巴志王/尚泰久王』新星出版、2005年、36頁参照。

参考文献[編集]

  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第2巻』(角川書店、1934年)
  • 喜舎場一隆『琉球・尚氏のすべて』(新人物往来社2000年ISBN 4-404-02868-7

関連項目[編集]


外部リンク[編集]