散位寮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

散位寮(さんいりょう/さんにりょう)は古代日本律令制において式部省に属する機関の一つである。なお、唐の制度には散位寮に該当する機関は存在しない。

職掌[編集]

散位寮は散位を名簿によって管理しその考課を行う。

散位(さんい/さんに)は散官ともいい位階のみで官職を持たないもののことをいう。京官外官および文官武官の別がある。散位の大半は退職者である。五位以上の散位は散位寮に長上(常勤)し、六位以下のうち、在京のものは散位寮に分番(交替勤務)し、他は国府に分番して、他の官司の手伝いや使者としての事務を行う。また武散位(武官の散位)は兵部省の管理をも受ける。

その他四度使(よどのつかい)の一つである朝集使が在京中のときはその管理を行う。のちに散位制度が形骸化すると存在意義が薄れ寛平8年(896年式部省に併合され、以後散位の事務も式部省で行われた。

職員[編集]

関連項目[編集]