拍動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

拍動(はくどう、Pulse)とは、内臓の周期的な収縮弛緩が繰り返された場合に起こる運動である。

心臓の拍動(心拍)は、心臓の筋肉が定期的に収縮することによっておこるので、これにより血液が送りだされる。この拍動する回数を心拍数といい、動脈の拍動は脈拍ともいわれ、心臓の拍動によって動脈内の血液の圧力が変動することから生じている。

体表から触知可能な動脈は浅側頭動脈顔面動脈総頚動脈上腕動脈橈骨動脈大腿動脈膝窩動脈後脛骨動脈足背動脈などがある。

緊張した場合にも生じる心臓の動きもある意味、拍動である。振戦によっても生じてくる。

病理学的には拍動の回数が多いと病気の一歩手前といった診断が下されることもある。

関連項目[編集]