抗核抗体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

抗核抗体(こうかくこうたい、: Anti-nuclear antibody; ANA)とは、自己の細胞中にある細胞核を構成する成分を抗原とする自己抗体の総称。

分類[編集]

一般的に蛍光色素を用いた蛍光抗体法を用いて検出され、染色形態から以下に分類される。

和文名 英文名 代表的抗体
均等型 homogeneous pattern 抗ds,ssDNA抗体、抗ヒストン抗体、抗mi-2,pm-1抗体
辺縁型 peripheral pattern(shaggy pattern) 抗ds,ssDNA抗体
斑紋型 speckled pattern 抗RNP抗体、抗Sm抗体、抗SS-A,SS-B抗体、抗Scl-70抗体、抗Ku抗体、抗Ki抗体、抗PCNA抗体、抗RANA抗体
核小体型 nucleolar pattern 抗Scl-70抗体、抗PCNA抗体
細胞質型 cytoplasmic pattern 抗Jo-1抗体、抗リボソーム抗体、抗ミトコンドリア抗体
PCNA型 proliferating cell nuclear antigen pattern 抗PCNA抗体
セントロメア型(散在斑紋型) centromere pattern(discrete speckled pattern) 抗セントロメア抗体
均等型

核全体が核小体も含めて均一に染色されるパターン

辺縁型

核の辺縁が中心より濃く染まるパターン

斑紋型

核全体に班点状の蛍光が認められるパターン

核小体型

核小体が染色されるパターン

細胞質型

細胞質全体が染色されるパターン

散在斑紋型

核内にまばらな50個前後の顆粒状の蛍光を認めるパターン

種類[編集]

「抗核抗体」は総称であり、以下が存在する。

  • 抗可溶性抗原抗体(Anti-ENA:Extractable nuclear antigen)
    • 抗SS-A抗体(Anti-Ro)
    • 抗SS-B抗体(Anti-La)
    • 抗Sm抗体(Anti-Smith antigen)
    • 抗nRNP抗体(Anti-nuclear ribonucleoproteins)
    • 抗Scl-70抗体(topoisomerase I)
    • 抗Jo-1抗体
  • 抗gp-210抗体(nuclear pore gp-210)
  • 抗p62抗体(Nucleoporin 62)
  • 抗dsDNA抗体(double-stranded DNA)
  • 抗セントロメア抗体(Anti-centromere)

関連項目[編集]