強縮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

強縮(きょうしゅく、英:tetanus, tetanic contraction, tetany)とは反復刺激により単収縮が連続して発生する現象。刺激と刺激の間に弛緩が生じないものを完全強縮、不完全ではあるが弛緩が生じるものを不完全強縮と呼ぶ。前の単収縮が終わらない間に次の刺激が加えられると2つの単収縮が重なり、単収縮よりも張力が強くなる。これを収縮の加重と呼ぶ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版社 1991年 ISBN 4885006104