強制加入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

強制加入(individual mandate)とは、何らかの商品やサービスを購入や取得することを、中央政府が各国民に統一的に強要することを指す。

概要[編集]

米国連邦議会が制定した強制加入制度は2つしかない。つまり、1792年の「統一民兵法(Uniform Militia Act)」と「患者保護および医療費負担適正化法(Patient Protection and Affordable Care Act: PPACA)」である。

統一民兵法は連邦政府が執行したことはない。同法は合衆国憲法の民兵(州兵)条項を根拠として、18才から45才の「身体能力を持つ白人男性一般市民(free able-bodied white male citizen)」に、武器として「身体を供出する(provide himself)」する義務を課すものである(一部職業は例外)。

医療改正法(PPACA)は、2014年に施行予定だが、議会・世論とも反対が根強く、州政府から訴訟も起こされている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]