延世大学校 韓国語学堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
延世大学校 韓国語学堂
各種表記
ハングル 연세대학교 한국어학당
漢字 延世大學校 韓國語學堂
発音 ヨンセテハッキョ ハングゴハクタン
英語 Yonsei University Korean Language Institute
テンプレートを表示

延世大学校 韓国語学堂は、大韓民国ソウル特別市西大門区新村洞134に本部を置く朝鮮語の教育機関である。1959年に設置された。単に「語学堂」と呼ばれることもある。英称は、「Yonsei University Korean Language Institute(略称:KLI)」である。

概観[編集]

朝鮮語を母国語としない人たち(外国人・在外コリアンなど)を対象に朝鮮語教育を実施する機関であり、延世大学校の附属教育機関である言語教育院に所属する。1959年の発足以来、120カ国・52,400人の卒業生を世に送り出してきており(2005年データ。同機関のウェブサイトより)、同様の機関の中では規模・歴史の面から群を抜いている。在籍者は、日本からの受講生(日本人在日韓国人)が最も多い。

朝鮮語学習者の間では、世界的に知名度が高い。また、韓国国内でも、外国人が朝鮮語を学ぶと言えば先ずこの機関が連想されるほど、その存在が一般の人々に広く知られている。また、他の朝鮮語教育機関も「語学堂」(各校ごとに名称は違う)と呼ばれることも多い。

施設[編集]

延世大学校・新村キャンパスの東端に専用の建物(地上4階・地下1階)を有している。建物の内部には、食堂、オーディオルーム、大講義室などの施設を備えている。

キャンパスの東端にあるため、大学正門からよりも東門からのアプローチが便利である。また、語学堂近くの国道にかかる歩道橋を渡ると梨花女子大学校の裏門に出るが、ここから同大キャンパス内を通り抜けて、梨大駅へ歩いて行ける。余談だが、梨花女子大の言語教育院(同様に外国人・在外コリアンなどを対象に朝鮮語教育を行う。男女共学)も国道を挟んだ至近距離にある。

沿革[編集]

  • 1959年 4月 - 延世大学校の付属教育機関として発足。朝鮮語専門の教育機関の設立は、同国初。
  • 1997年12月 - 米・ロサンゼルスに分校を設置。

教育課程[編集]

  • 正規課程:1日4時間の授業(午前中)を週5日履修する課程。初級は「1級」であり、学習が進むにつれ「2級」「3級」と進級していく。1年半で6級まで履修するコースと、2年間で8級まで履修するコースが設置されている。
  • 特別課程
  • 午後課程
  • 夜間課程
  • 専門班課程:正規課程の卒業者を対象にした上級クラス。希望者が定員に達した場合のみ開講される。
  • 夏季特別課程
  • 3週短期課程

主な卒業生[編集]

  • 伊豆見元(国際政治学者):1980年~1981年に在学。
  • 若宮啓文(ジャーナリスト):1981年に在学。
  • 鷺沢萠(小説家):1993年に在学。
  • 青木理(ジャーナリスト):1997年~1998年に在学。
  • 安美佳(ファッションモデル):2002年~2003年に在学。
  • 黒田勝弘(産経新聞ソウル支局長)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]