島輪状溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 島輪状溝
Gray731.png
白字で小さく Circular sulcus と書かれている所が島輪状溝
Human brain view on transverse temporal and insular gyri.JPG
名称
日本語 島輪状溝
英語 Circular sulcus of insula
ラテン語 sulcus circularis insulae
略号 crs
関連構造
上位構造 島葉
関連情報
NeuroNames 関連情報一覧
NIF 総合検索
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

島輪状溝(とうりんじょうこう、Circular sulcus of insula)は、島皮質の周囲を取り囲むように存在する脳溝。島皮質と弁蓋の境界を成している[1]。環状溝(かんじょうこう)とも言う。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Türe U, Yaşargil DC, Al-Mefty O, Yaşargil MG. (Apr 1999). “Topographic anatomy of the insular region”. J Neurosurg. 90 (4): 720-33. PMID 10193618. http://pa.slu.edu/uploads/Intrinsic_Brain/Yasargil_Ture8.pdf.