小林治 (アニメ演出家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小林 治(こばやし おさむ、1945年1月9日 - )は、日本のアニメーターアニメ監督演出家である。東京都府中市出身、亜細亜堂所属。『BECK』や『Paradise Kiss』を監督した小林治とは、同姓同名の別人である。小林 おさむの表記もある。

人物・来歴[編集]

1963年、東映動画(現:東映アニメーション)に入社する。同期には芝山努など。Aプロダクション(現:シンエイ動画)に移籍後も芝山とコンビで『ど根性ガエル』などで作画監督を担当。1978年、芝山らと亜細亜堂を設立する。

2010年5月13日さいたま地検によって、自らが代表取締役を務めるダップインターナショナル(亜細亜堂の子会社)とともに法人税法違反(脱税)の罪で在宅起訴された[1]。起訴状によると、小林は、2006年(平成18年)8月期から3年間、同社の所得が計約1億8,000万円だったにもかかわらず、外注費を水増し計上するなど虚偽の申告をして法人税約4,800万円を脱税したとされる。2010年(平成22年)8月、さいたま地方裁判所はダップ社に罰金1,500万、代表取締役小林治に懲役1年執行猶予3年を言い渡した(その後確定)。ダップ社は同年8月31日に株主総会で会社清算を決定し、小林は清算人となった。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]