宇文莫圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇文 莫珪呉音:うもん まくけい、漢音:うぶん ばくけい、拼音:Yŭwén Mòguī 生没年不詳)は、西晋代の匈奴鮮卑宇文部の大人(たいじん:部族長)で、宇文丘不勤の子である。『魏書』では、北魏の道武帝(拓跋珪)の諱を避けて、宇文莫廆と書かれた。『晋書』では、莫圭と書かれる。

生涯[編集]

父の後を継いで大人となる。

太安元年(302年)、宇文莫珪は弟の宇文屈雲を遣わし辺城を襲う、屈雲とは別に大素延は諸部を攻略、慕容廆は親撃しこれを破る。素延は怒り、10万の兵を率い棘城を包囲した。慕容廆が「素延は犬羊蟻の集といえども、軍無法制であり、すでに我の計中に在るだろう。諸君はただ力戦するのみ、憂いなり。」と言い、躬が甲冑を貫き、馳せ出でてこれを討つ。素延は大敗し、百里も逃げた。捕虜・戦死者は1万余人にのぼった。

しかし当時宇文部は強盛で、宇文莫珪は単于を自称し、塞外の諸部は彼を畏れはばかったという。

宇文莫珪の在位年は不明であるが、死後に子の宇文遜昵延が位を継いだ。

参考文献[編集]

  • 魏書』(列伝第九十一)
  • 晋書』(慕容廆載記)
先代:
宇文丘不勤
宇文部の大人
?
次代:
宇文遜昵延