宇文丘不勤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇文 丘不勤呉音:うもん くふつごん、漢音:うぶん きゅうふつきん、拼音:Yǔwén Qiūbùqín 生没年不詳)は、匈奴鮮卑族宇文部の大人(たいじん:部族長)で、宇文普撥の子、宇文莫珪の父。

生涯[編集]

拓跋部の平帝(拓跋綽)の7年(293年)、宇文部大人の宇文莫槐はその民をむごく扱うので、部族民に殺され、代わりに宇文普撥が大人となると、拓跋部の拓跋綽は普撥の子の丘不勤に娘を嫁がせた。

父の宇文普撥が死ぬと、丘不勤が宇文部の大人となる。丘不勤が死ぬと子の莫珪が立った。

参考文献[編集]

  • 魏書』(帝紀第一、列伝第九十一)
  • 北史』(列伝第八十六)

関連項目[編集]

先代:
宇文普撥
宇文部の大人
?
次代:
宇文莫珪