夸父計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夸父計画(こほ-けいかく、: 夸父计划)は3機の人工衛星からなる宇宙天気予報システム構築を目指す中華人民共和国の宇宙計画。2012年までの完了を予定していた[1]が、2012年7月に開催された太陽風に関する国際会議 Solar wind XIII conferenceにおいて、打ち上げは2017年の予定とされた。

人工衛星の1つはラグランジュ点L1)に、残りの2つは極軌道にそれぞれ投入される予定[2]

計画名は、中国神話に登場する巨人夸父に基づく。

参考文献[編集]

  1. ^ 我国目光超越月球 "夸父计划"雄心勃勃”. 人民网 (2006年7月25日). 2008年4月21日閲覧。
  2. ^ 夸父计划进入技术攻关 将发射3颗测日卫星”. 新华网 (2008年4月16日). 2008年4月21日閲覧。