天国へのシュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天国へのシュート
In Orange
監督 ヨラム・ルーセン
脚本 フランク・ケテラー
製作

フランス・ヴァン・ゲステル
ジェロエン・ベーカー

サン・フ・マルサ
出演者

ヤンニック・ヴァン・デ・ヴェルデ
トーマス・アクダ

ウェンディ・ヴァン・ディーク
音楽 キース・デ・グルート
撮影 レムコ・バッカー
編集 ペーター・アルデルリー・ステン
配給 株式会社オンリー・ハーツ
公開 オランダの旗 2004年4月28日
上映時間 90分
製作国 オランダの旗 オランダ
言語 オランダ語
テンプレートを表示

天国へのシュート(In Orange)は、2004年のオランダ映画。父と息子の強い絆を描いたファミリー・ファンタジー。日本国内でも各地の映画祭で上映された。キンダー・フィルム・フェスティバル (東京)(05年)にてグランプリ受賞。同年、東京国際映画祭みなと上映会)でも上映。

概要[編集]

サッカーのナショナルチームのメンバーを夢見る父と息子の深い絆を描いた力作。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

ストーリー[編集]

レムコは12歳のサッカー少年。オランダ代表になる日を夢見て、コーチ役の父親と共に日々練習に励んでいた。だがある日、試合の応援に駆けつけた父が、心臓発作を起こし帰らぬ人に。愛する父の突然の死に、レムコは大好きだったサッカーへの情熱も失ってしまう。心配した母親は主治医にカウンセリングを頼むが、レムコは心を閉ざしたまま。だがその帰り道、レムコの前に父親が現れる。以前のような父との日々に明るさを取り戻すレムコだったが…。 ユース代表入りをかけたテスト試合の当日、レムコは父の死も乗り越えようとしていた。3週間後、レムコのもとに合格の知らせが届く。オレンジ色のユニフォームを着てピッチに立つレムコを遠くから見守る父の姿が見えた。

おもな受賞[編集]

外部リンク[編集]