在所隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

在所隕石(ざいしょいんせき)は1898年2月1日高知県香美市(当時:旧・在所村)に落下した隕石である。比較的珍しい、石鉄隕石(stony-iron meteorite)の一種であるパラサイト(Pallasite)に分類される隕石である。

1898年2月1日の午前5時10分頃、高知県のほぼ全土で轟音が聞かれ、愛媛県との県境に近い船戸村で火球が落下するのが目撃された。朴丿木の農家の庭に落下し、330 gの隕石が発見された(「土陽新聞」より)。

現在は東京五藤光学研究所に保管されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]