国際科学光学ネットワーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際科学光学ネットワーク(英語: International Scientific Optical Network、ISONロシア語: Международная научная оптическая сеть, Пулковская кооперация оптических наблюдателей)は天体を発見・観測・追跡するために組織された国際的なプロジェクトである。現在は約10カ国[1]・約20の観測所・約30の望遠鏡で運営されている[2]。このプロジェクトはロシア科学アカデミーの一部であるKeldysh Institute of Applied Mathematicsによって管理されている[3][4]。国際科学光学ネットワークはエレーニン彗星[5]アイソン彗星の発見に貢献している。

脚注[編集]

  1. ^ ロシア・ウクライナ・グルジア・ウズベキスタン・タジキスタン・モルドバ・スペイン・スイス・ボリビア・アメリカ・イタリア
  2. ^ http://www.amostech.com/TechnicalPapers/2009/Orbital_Debris/Molotov.pdf
  3. ^ Al-Rodhan, Nayef R.F. R. F. (2012-06-08). Meta-Geopolitics of Outer Space: An Analysis of Space Power, Security and Governance. Palgrave Macmillan. pp. 76–. ISBN 9781137018489. http://books.google.com/books?id=FZzUXihbDksC&pg=PP76 2013年1月14日閲覧。. 
  4. ^ Weeden, Brian (2010). “GLOBAL SPACE SITUATIONAL AWARENESS SENSORS”. AMOS Conference. http://209.200.88.159/TechnicalPapers/2010/Integrating_Diverse_Data/Weeden.pdf. 
  5. ^ Подорванюк, Николай (2010年12月21日). “Надо ли бояться комету Еленина?” (Russian). Pravda. http://www.pravda.ru/science/planet/space/22-08-2011/1088428-elenincom_fobos-0/ 2013年1月14日閲覧。 

外部リンク[編集]