同語異義復言法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

同語異義復言法(どうごいぎふくげんほう、または異義復用法英語Antanaclasis)とは、単一の語をそれぞれ違った意味で繰り返す修辞技法のこと。語源はギリシャ語の「アンタナクラシス(antanáklasis)」(反射、反響)。同語異義復言法はありふれたタイプの駄洒落で、他のタイプの駄洒落同様に、スローガンの中によく見かける。

有名な例では、ベンジャミン・フランクリンの次の言葉がある。

We must all hang together, or assuredly we shall all hang separately.
(我々は皆hang together(団結)しなければならない、さもないと間違いなく我々は皆、別々にhang(吊される)だろう)

参考文献[編集]

関連項目[編集]