分散ロックマネージャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

分散ロックマネージャ(DLM)は分散アプリケーションに対し、共有リソースへのアクセスを同期化する方法を提供する。

DLMはいくつかの有力なクラスタファイルシステムにおいて使用されており、それらではクラスタが相互にストレージを統合されたファイルシステムとして使用することが可能であり、それにより、パフォーマンスおよび可用性において顕著な性能向上を実現している。この性能向上は主に、参加するコンピュータ間のディスクキャッシュコヒーレンシの問題を解消することによる。DLMはファイルロックのみならず全てのディスクアクセスの同期にも使われる。一般的に使用された最初のクラスタシステムであるVMSclusterはこのような形でOpenVMSDLMに依存している。


VMSの実装[編集]

VMSは初めてDLMを実装し、かつ入手しやすいオペレーティングシステムであった。これはバージョン4にて提供されたが、ユーザインタフェースはバージョン3にて初めて実装された単一プロセッサロックマネージャのものと同じであった。

関連項目[編集]