光学伝達関数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

光学伝達関数(こうがくでんたつかんすう、: Optical Transfer Function、OTF)とは、光学系の点像強度分布の二次元フーリエ変換

無限に小さい点物体の基準原点を中心に像面内に直角座標 (u , v ) をとり、点像の強度分布をPSF(u , v )、u 方向の空間周波数rv 方向の空間周波数をs とするとき、OTFは下の式で示される。

\mathrm{OTF}(r,s) = \iint_{\mathbf{R}^2}\mathrm{PSF}(u,v)e^{-i2\pi(ru+sv)}\mathrm{d}u\mathrm{d}v
= \mathrm{MTF}(r,s)e^{i\mathrm{PTF}(r,s)}

ここで、

  • MTF:OTFの絶対値 (Modulation Transfer Function)
  • PTF:位相のずれを空間周波数の関数としたもの(Phase Transfer Function)

である。