二分靭帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
靭帯: 二分靭帯
Gray355.png
足外側面の靭帯(右上にBifurcated lig.と表示されているのが二分靭帯)
ラテン語 ligamentum bifurcatum
英語 Bifurcated ligament
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
起点
終点

二分靭帯(にぶんじんたい、英:Bifurcated ligament)とは、踵骨から2方向に別れ立方骨舟状骨に至る靭帯である[1]。その形状からY靭帯とも呼ばれる[2]

また、踵骨から立方骨へ至る部分を踵立方靭帯(Lig. calcaneocuboideum)、舟状骨へ至る部分を踵舟靭帯(Lig. calcaneonaviculare)と呼ぶ[1][3]

足首捻挫の約半数に二分靭帯の損傷が見られる[2]


脚注[編集]

  1. ^ a b Kahle,W., Leonhaedt,H., Platzer,W. 『分冊 解剖学アトラスI』 越智淳三訳、文光堂、1984年1月14日、p.p.222-223。ISBN 4-8306-0007-1
  2. ^ a b 二分靭帯損傷”. 整形外科基礎知識. アレックス・メディカル・グループ. 2010年11月22日閲覧。
  3. ^ 二分靭帯の描出方法の検討と損傷頻度調査”. 捻挫.net. 佐久平整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター. 2010年11月22日閲覧。