事実上独立した地域一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  どの国からも承認を受けていない
  国連非加盟国のみより承認を受けている
  国連加盟国より最低1ヵ国は承認を受けている非加盟国
  国連加盟国であるが、他の加盟国の少なくとも1ヵ国から承認を得られていない

事実上独立した地域一覧(じじつじょうどくりつしたちいきいちらん)は、どこの国からも支配されていない居住地域又は、内政的には事実上「国家」として機能しているものの1カ国以上からの承認を得られないため国際法上「国家」とみなされない地域の一覧である。

アフリカ[編集]

ソマリアの状況
事実上独立しているソマリランドの中心都市ハルゲイサ

アジア[編集]

  • クルディスタン地域の旗 クルディスタン地域
    国際的には独立国としては認められていないが、独自の国旗や国歌、省庁、軍隊を持つなど、半ば独立した状態である。クルド側は、新憲法にも定められている連邦制の下での自治を要求しているが、キルクークの帰属をめぐってイラクと対立したままである。

ヨーロッパ[編集]

  • Flag of Sealand.svg シーランド公国
    国際法上公海上にある自称「国家」の建造物で、土地ですらないため国家としてみなされることはないが、その建造物はどこの国の支配も受けていない。ただし英国の12カイリ以内にあるため、「英国の領海」と設定される可能性が常にある。

承認が少ない「国家」[編集]

停戦により事実上独立状態となった沿ドニエストル共和国の中心都市ティラスポリ

承認国数が少ない「国家」からのみ承認[編集]

  • 沿ドニエストル共和国の旗 沿ドニエストル共和国
    モルドバから独立を宣言し、その後の停戦により事実上独立状態となる。ロシア軍が駐留しているが、ロシアは承認していない。沿ドニエストル共和国、アブハジア共和国、及び南オセチア共和国は相互に国家承認している。
  • ナゴルノ・カラバフ共和国の旗 ナゴルノ・カラバフ共和国
    アゼルバイジャンから独立を宣言し、ナゴルノ・カラバフ戦争となった。その後のアゼルバイジャンの実効支配を脱する。アルメニア軍が駐留しているが、アルメニアは承認していない。国際的には「ナゴルノ・カラバフの帰属問題」とみなされている。一方、沿ドニエストル共和国、アブハジア共和国、南オセチア共和国から承認を得ている。

承認国数が少ない[編集]

  • 北キプロス・トルコ共和国の旗 北キプロス・トルコ共和国 - 承認国数1
    トルコの強い後ろ盾でキプロス共和国から独立宣言。トルコ以外の国々は、同「国」の実効支配地域を「(キプロス共和国の)トルコ実効支配地域」などと呼んでいる。
  • アブハジアの旗 アブハジア - 承認国数5(前述地域は含まない)
    グルジアより独立宣言。
  • 南オセチアの旗 南オセチア - 承認国数5(前述地域は含まない)
    グルジアより独立宣言。
  • 中華民国の旗 中華民国台湾) - 承認国数22
    かつて中国全土を治めた国家であるが、台湾などの地域のみを実効支配。現在でも全中国を代表する政府であると主張し、他方、中華人民共和国も台湾地域の領有を(つまり、互いに相手を自国領であると)主張しているため、一つの中国論に抵触し承認国を激減させた。非承認の国々は、同「国」の現在の実効支配地域を「台湾」、その政府を「台湾当局」(台湾治理当局、台湾統治当局とも)などと呼び、中華人民共和国政府も自らの地方区画、地方行政機関とみなす表現を用いる。
  • 西サハラの旗 サハラ・アラブ民主共和国 - 承認国数85
    スペインの旧植民地であるサハラに領有権を主張しているが、その大部分はモロッコが実効支配しており、同「国」の実効支配地域は東部の一部に留まる。国際連合の承認はないが、アフリカ連合(AU)には加盟している。
  • コソボの旗 コソボ - 承認国数106
    セルビアより独立宣言。当事国であるセルビアや常任理事国であるロシアと中国が未承認の他、国内に独立運動を抱えるEUの一部の国も承認を見送っている。
  • パレスチナの旗 パレスチナ(パレスチナ暫定自治政府)- 承認国数134
    1947年に決議したパレスチナ分割決議で定められた領土の内一部を実効支配しているが独立宣言は行っていない。国際連合にはオブザーバー国家として参加。主要国ではアメリカなど常任理事国三か国が未承認の他、日本も未承認。

以前に事実上独立していた地域[編集]

脚注[編集]

  1. ^ クリミア議会、ウクライナからの独立宣言採択読売新聞2014年3月11日閲覧。
  2. ^ “ロシア大統領、クリミア編入を表明 両者が条約に署名”. 朝日新聞. (2014年3月18日). http://www.asahi.com/articles/ASG3L54VFG3LUHBI00F.html 2014年3月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]