三井葉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三井 葉子
誕生 山荘幸子
1936年1月1日
大阪府
死没 2014年1月2日(満78歳没)
職業 詩人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 相愛女子短期大学
活動期間 1964年 - 2014年
ジャンル
主な受賞歴

現代詩女流賞(1976年)
詩歌文学館賞(1999年)

小野市詩歌文学賞(2008年)
テンプレートを表示

三井 葉子(みつい ようこ、1936年1月1日 - 2014年1月2日)は、日本の詩人

経歴[編集]

大阪府生まれ。本名・山荘幸子。相愛女子短期大学卒。大阪文学学校にて小野十三郎に学ぶ。

1976年『浮舟』で第1回現代詩女流賞1999年『草のような文字』で第14回詩歌文学館賞2008年『花 句まじり詩集』で第1回小野市詩歌文学賞受賞。現代詩人会会員、檪詩舎主宰。

2014年1月2日午前0時36分、肝不全のため大阪府八尾市の病院で死去[1]。78歳没。

著書[編集]

  • 『白昼 詩集』竜詩社 1964
  • 『沼 三井葉子詩集』創元社 1966
  • 『いろ 三井葉子詩集』私家版、1967
  • 『たま 詩集』風社 1974
  • 『浮舟 詩集』深夜叢書社 1976
  • 『君や来し 三井葉子詩集』海風社 1981
  • 『春の庭 三井葉子詩集』沖積舎 1983 現代女流自選詩集叢書
  • 『三井葉子詩集』砂子屋書房 1983
  • 『三井葉子詩集』日本現代詩文庫 倉橋健一編集 土曜美術社 1984
  • 『日の記 詩集』富岡書房 1986
  • 『つづれ刺せ 三井葉子随筆集』編集工房ノア 1987
  • 『畦の薺 三井葉子詩集』富岡書房 1989
  • 『風が吹いて 詩集』花神社 1990
  • 『二輛電車が登ってくる』エディション・カイエ 1990
  • 『ええやんか 大阪辯歳時記』ビレッジプレス 1992
  • 『菜庭 詩集』花神社 1994
  • 『恋のうた 100の想い100のことば』創元社 1995
  • 『草のような文字』深夜叢書社 1998
  • 『よろしゃんナ 猫版大阪辯歳時記』ビレッジプレス 2000
  • 『菜の花畑の黄色の底で 三井葉子詩集』深夜叢書社 2002
  • 『風土記』深夜叢書社 2003
  • 『さるすべり』深夜叢書社 2005
  • 『桃 三井葉子句集』洛西書院 2005
  • 『花 句まじり詩集』深夜叢書社 2008
  • 『楽市楽談』編著 編集工房ノア 2009
  • 『人文 三井葉子詩集』編集工房ノア 2010
  • 『灯色醗酵』思潮社 2011
  • 『栗 三井葉子句集』洛西書院 2012
  • 『秋の湯』青蛾書房 2013

参考[編集]

  • 『文藝年鑑2011』

関連書籍[編集]

  • 齋藤慎爾『三井葉子の世界 <うた>と永遠』深夜叢書社 2001

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:三井葉子さん78歳=詩人 毎日新聞 2014年1月2日閲覧