ヴァルジーニャ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァルジーニャ事件(ヴァルジーニャじけん、incidente de Varginha)とは、超常現象としてのUFO愛好家の間で語られる1996年1月20日ブラジルミナスジェライス州ヴァルジーニャ(Varginha)市内でおきたとされる「宇宙人」目撃証言をテレビ局が報道した情報伝達上の事件である。

ヴァルジーニャ市の中央広場にあるキノコ形の給水塔 はヴァルジーニャ事件を象徴している

都市の概要[編集]

話題の都市の正しい名称はヴァルジーニャ (Varginha)[1]である。「ヴァージーナ」とする日本語情報源があるが、これはポルトガル語の綴りを英語風に発音した誤読である。この発音はブラジルにおいては放送禁止用語に相当する単語であり、ブラジル人との会話で使用しないよう注意が必要である。

ヴァルジーニャはミナスジェライス(Minas Gerais)州南部の中心的な都市で、ブラジル農業公社(Embrapa[[2]])によるとコーヒーの大生産地帯[[3]]である。なお同州を「ミナスゲライス」と表記する日本語情報源があるが誤読である。

この事件以前にUFOの目撃報告はなく、ヴァルジーニャはUFO愛好者の間で取り立てて話題になる町ではなかった。他方、近隣都市であるサン・トメー(Sao Tomé das Letras)[4]ではそのような話がよく聞かれた。

ヴァルジーニャ事件は、平均視聴率60%以上を誇るブラジル最大の巨大テレビ局Rede Globo[5](ヘジ・グローボ)が、ニュース、芸能界のできごと、および特異な話題を報道し視聴率の高い日曜特別バラエティー番組「Fantástico」[6](ファンタスチコ)で報道したことによりブラジル全土に知られた。その情報は極度に誇張され日本を含む海外各国に再伝達され、一時は世界的に有名な都市伝説にまでなった。

事件の概要[編集]

事件は1996年1月20日の午前8時ごろに起きたとされた。同市にすむ三人の少女が、ジャルジン・アンデーレ(Jardim Andere)区の空き地の林で異様な生物を目撃したと話した。その生物は体長1メートルほど、頭に3つのコブがあり、目は真っ赤で猫背で2本足で直立歩行していたという。伝言された姿形は、アメリカの宇宙人来訪雑誌にしばしば登場する「グレイ」という宇宙人タイプに相当する。インタビューによると動きは弱弱しく怪我をしていたものと見られる。網で捕獲し、その後ブラジル軍(実は警察)などが次々と派遣されたといううわさが流れた。しかし、軍警察はその情報を否定した。現場を「公園」と訳す日本語情報源があるが、この場合のポルトガル語のJardimは公園ではなくヴァルジーニャ市内にある区の名称で、住宅地帯である。

その生物は箱のようなものに入れられ軍警察病院へ運ばれたが、まもなく死んでしまったという噂が広がった。朝でラッシュアワーの時間帯なので多くの人が目撃したとブラジル国外のWebでは伝えられているが、そのような目撃例はない。当日、口コミによる噂が急激に広がったために、多くの報道者が取材のために軍警察(Polícia militar)[7]に押し寄せた(ブラジルの軍警察とは陸軍ではなく制服警察官であり、「陸軍」とするのは誤訳である)。繰り返される取材に対し警備兵(警察官)が不快感を示し、最後には報道陣を門前払いにした。その様子がテレビで放映され、噂をさらに広げる結果になった。しかし、軍警察、消防署、市役所などの当局は一様に否定している。Web上ではこのETに関する多数の絵を見ることができるが、物証や町の騒動を記録した写真や動画はみあたらない。

事件後、「UFO墜落したのを見た」、「宇宙人放射性物質をばら撒いた」とか、「生き残った宇宙人がいてアメリカに送られたにちがいない」とする情報が、ブラジル国内のWebに流れた。

現実には三人の少女の言葉のみで物的証拠がないため、この事件は数日で収まった。現在Web上で見られる動画もすべてインタビューであり、物的証拠はない。しかしブラジル国外においては情報が極度に誇張され、一時は世界的に有名なUFOおよび宇宙人の来訪事件の都市伝説に祭り上げられてしまった。UFOや宇宙人の専門家と自称する人々のコメントはWeb上で多数見られる。現時点では、ヴァルジーニャ事件はブラジル国外において有名であるが、国内、とりわけヴァルジーニャ市では過去の話となっている。現地の市民はこの事件を酔った少女の冗談であると語った。ヴァルジーニャ市役所も[8]も笑い話の類と考えている。サンパウロ大学で、この事件の信憑性について学術的な研究が行われ、社会学の修士論文の一部になったが、物的証拠がないため信頼性がないという結論にまとめられた。

他方、冗談であってもテレビ報道されたために観光客が増え、UFO来訪のコーヒーと並んで町の看板となってヴァルジーニャの町の名をブラジル中全土に知らしめ、宇宙人観光は町の産業になった。グレイ型の宇宙人人形はみやげ物のハイライトとなり、目抜き通りでは人気サッカークラブ(複数)のユニフォームを着た宇宙人人形が販売されている。この人形には意匠登録がなされた。宇宙人は市民のマスコットとなり、観光宣伝のパンフレット[9]や伝染病予防接種運動のポスターにも登場した[10]。さらには、空飛ぶ円盤を真似たキノコ形の巨大なモニュメント(給水塔)[11]や、極彩色の回転式電光照明つきのUFOを模した市内バスの停留所が町の中央広場に建設され、観光スポットとなった。事件をテーマとしたテレビゲームも製作されたが、販売数は伸びなかった。この事件はヴァルジーニャの町に二次的経済効果をもたらした。2013年8月にヴァルジーニャを訪問したフセッフィ大統領は、「ET」の社会貢献に敬意を表した。

関連項目[編集]