ロリカリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロリカリア (loricaria) は、ナマズ目ロリカリア科ロリカリア亜科に分類される魚の総称。プレコに似た扁平な体型と甲板で覆われた体をしており、口器が吸盤になっている。10cmから40cm程度の範囲の大きさで、アマゾン川などの南米の河川に分布する。産み付けた卵を親が守る習性があり、一部の種類には口の吸盤がその習性に適した形状に変化したものもいる。アクアリウムにおいて飼育されるのはリネロリカリア属の小型のものが主だが、シュードヘミオドン属のツチノコロリカリアなど、特徴的な外見を持った種に人気があり、少数ながら輸入されている。また、単に「ロリカリア」として複数の種類のロリカリアが判別されることなく販売されている。

種類[編集]

リネロリカリア・ランケオラータ
学名:Rineloricaria lanceolata
体長12cm。背びれの前縁に入る黒斑が特徴のロリカリア。成熟した雄には顔や胸鰭などにヒゲ状の毛が生えることで知られる。
リネロリカリア・レッド
学名:Rineloricaria sp
体長12cm。主にヨーロッパ経由で輸入されるリネロリカリア。赤みの強い褐色をした体色が特徴。
ツチノコロリカリア
学名:Pseudohemiodon laticeps
体長30cm。平たい頭部と小さい目が特徴のロリカリアで、砂に潜ったり雄は産卵した卵を口の吸盤で保護する習性がある。
近似種が多く、特にジャイアントツチノコロリカリア(Proloricaria prolixa)は体長40cmを超える最大級の大きさのロリカリアとして知られる。
アシペンサーロリカリア
学名:Hemiodontichthys acipenserinus
体長20cm。頭部の先端が尖り、チョウザメのように見えるためこの名前がある。雄は産卵した卵を口の吸盤で保護する習性がある。

関連項目[編集]