ロイコシジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロイコシジン (: leukocidin) とは真正細菌により産生される孔形成毒素 (en)。ロイコシジンの名前は白血球の破壊(leukocytes+cide)に由来する。

ロイコシジンは黄色ブドウ球菌などのStaphylococcus属菌によって産生され、ヒトウサギの白血球を破壊する。

Panton-Valentine leukocidin (PVL) はロイコシジンの1型である。

参考文献[編集]

  • 明石博臣ほか3名編『動物微生物学』朝倉書店、2008年、ISBN 9784254460285

関連項目[編集]