レパード・6リッター ロードスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レパード・6リッター・ロードスター(Leopard 6 Litre Roadster)ポーランドのクラシックスタイル高級スポーツカー。ポーランドのミェレツ(Mielec)市に本拠を置くレパード・オートモービル社(Leopard Automobile AB)製。設計は社長のズビスワフ・シュヴァイ(Zbysław Szwaj)で、シュヴァイはスポーツカーのゲパード(Gepard)の設計も行なった。

Leopard 6-litre on AMI fairs in 2007

開発[編集]

レパード・6リッター・ロードスターは、シボレー・コルベットに使用されているゼネラル・モーターズ社製V8エンジンのほかはミェレツ市のレパード・オートモービル社でハンドメイドにより生産されている。同社の新工場においても最大でも毎年20台しか生産されないことになっているが、これは製作段階における高い精密性を確保するためである。

発売[編集]

設計は1995年に開始され、第一号車は2003年11月に製作された。レパード・6リッター・ロードスターは2005年4月にパリ・モーターショーで発表された。市販第一号車が生産されたのが2005年後半となった。ヨーロッパでの価格は12万5千ユーロ(約2,000万円)。それまで市販されたポーランド製乗用車のうちで最も高価なものとなった。現在までの生産台数は25台程度とされている。新工場の設立で生産能力は高まったが、ブランド維持のため200台を超えて生産されることはない見込み。レパード・オートモービル社はより高性能の新型車であるレパード・クーペの生産を準備中である(スケッチは同社の公式ウェブサイトで閲覧可能)。

諸元[編集]

  • 全長3,800mm、全幅17,13mm、全高(ソフトルーフ閉時)1,240mm
  • 総重量1,150kg、最大重量1,450kg
  • エンジン: LS-2オールアルミV8、排気量5,967cm3、パワー405hp/6,000rpm、トルク542Nm/4,400rpm、シーケンシャル・フューエル・インジェクション(SEFI)
  • 電子制御スロットルコントロール(ETC)
  • ギアボックス: 6速MT
  • サスペンション: 4輪ダブルウィッシュボーン(アンチロールバー・アンチノーズダイブシステム付き)

性能[編集]

トリビア[編集]

レパード・オートモービル社の顧客のうち最も有名なのはスウェーデン国王カール16世グスタフと、アメリカの映画製作会社である20世紀フォックス

外部リンク[編集]