ルーブル合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーブル合意(ルーブルごうい、: Louvre Accord)とは、1987年2月22日パリルーブル宮殿で開催された先進7カ国財務大臣・中央銀行総裁会議(G7)で、1985年9月に決められたプラザ合意によって始まったドル安とマルク安に歯止めをかけるための合意である。ただ、各国の協調が十分ではなかったため、ドルの下落を止めることはできなかった。