ルーズベルト・スカーリット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーズベルト・スカーリット
Roosevelt Skerrit
RooseveltSkerrit.jpg
ルーズベルト・スカーリット(2010年6月)
生年月日 1972年6月8日(42歳)
出生地 Flag of Dominica, 1965-1978.png ドミニカロゾー
出身校 ニューメキシコ州立大学
ミシシッピ大学
前職 高校教師
所属政党 ドミニカ労働党

ドミニカ国の旗 ドミニカ国 第7代首相
任期 2004年1月8日 -
大統領 ニコラス・リヴァプール
エリュード・ウィリアムズ
チャールズ・サバリン
テンプレートを表示

ルーズベルト・スカーリット英語: Roosevelt Skerrit1972年6月8日 - )は、ドミニカ国の首相(在任:2004年1月8日 - )。独身。

経歴[編集]

1972年6月、ロゾーに生まれる。高校教師から、2000年1月の国政選挙に出馬し初当選。チャールズ内閣では、教育大臣(兼、スポーツ、青年問題担当大臣)を務めた。

2004年1月6日、首相のピエール・チャールズ英語版が急死。翌7日、与党ドミニカ労働党英語版 (Dominica Labor Party, DLP) は、スカーリットを新党首に選出。ドミニカ国の首相は、名誉職的地位にある大統領によって与党党首が任命されることになっているため、翌8日の任命をもって、31歳の首相が誕生した。就任当初、国政のリーダーとしては世界最年少であった。

2009年12月18日に行われた総選挙でドミニカ労働党は全21議席中18議席を獲得し、引き続き与党となった[1]。2010年1月4日の宣誓就任式において、首相に再任された[2]

脚注[編集]

  1. ^ http://electoraloffice.gov.dm/results/index.html 2009 General Election – Final Count
  2. ^ http://www.dominica.gov.dm/cms/index.php?q=node/1047 2009 Government Press Releases
公職
先代:
オズボーン・リヴィエール英語版
(代行)
ドミニカ国の旗 ドミニカ国首相
第7代:2004 -
次代:
(現職)