ルデュック (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルデュック(Leduc)

ルデュック(Leduc)は、フランスブレゲー社の航空機設計者であったルネ・ルデュックによる実験機ラムジェットエンジンにより飛行した、世界初の航空機である。

開発[編集]

1930年代より構想され、1937年にはフランス政府より正式に発注を受けた。第二次世界大戦の影響により開発は遅延し、戦後も技術的な困難と予算不足に直面しながら開発が継続された。

特異な形状の機体であり、空気抵抗を考慮して、コクピットがインテイクのノーズコーン部に存在することでも知られている。胴体はインテイクからノズルまで変化の少ない、ほぼ完全な円筒形である。主翼は直線翼の中翼配置で、胴体尾部に垂直および水平尾翼を有する。010ではコックピットがインテイク内に入っており、胴体外板に丸窓を付けて視界を確保している。022ではノーズコーンが伸び、インテイク外にコックピットが位置するようになった。

1947年、最初の型であるルデュック 010が滑空飛行を行い、1949年4月21日にはラムジェットによる飛行を行った。ルデュック 010は、自力でラムジェットエンジンを作動させるに足る速度を獲得できなかったため、SE-316ラングドック輸送機の胴体上に積載された状態から飛行を行った。2機が生産されたが、両機とも試験中に失われている。

ルデュック 016は、自力で離陸するために両翼端にマルボレ(Marboré)ターボファンエンジンを搭載した型で、1951年5月2日に初飛行したが、取り扱いに問題があり、最終的には翼端エンジンは取り外され、3機目のルデュック 010となり、1953年に博物館へ送られた。

ルデュック 021は、マッハ2.5を目標として推力6.5tのエンジンを装備し大型化した型で、2機が生産された。1953年2月2日に初飛行した。

ルデュック 022は、ルデュック 021に、推力2.8tのスネクマアター101D-3ターボファンエンジンを追加し、自力で離陸からラムジェットエンジンを作動させるに足る速度にまで到達可能とした最終型である。1956年12月26日に初飛行し、140回以上の試験飛行が行われた。

超音速邀撃機として研究・開発がなされていたが、フランス政府は1958年にミラージュIIIを選択し、競合したラムジェット搭載機ノール 1500 グリフォンシュド・ウエスト SO.9000 トリダンと共に、4種6機の製造を持って計画は打ち切られた。

なお、2機目のルデュック 010の生産前にルネ・ルデュックは、ブレゲーを離れ会社を設立しているが、ルデュック開発中止の後も油圧機器のメーカーとして業態を変更し、Hydro René Leducを経てHydro Leducとして存続している。

要目[編集]

ルデュック 010 ルデュック 016 ルデュック 021 ルデュック 022
乗員 1名
エンジン ラムジェットエンジン 1基
推力 1,600kg 1,600kg 6,500kg 6,500kg
補助エンジン - チュルボメカ マルボレ 2基 - スネクマ アター101D-3 1基
推力 - 275kg×2 - 3,200kg
全長 10.25m 14.4m 12.5m 9.95
全幅 10.52m 10.48m 11.6m 18.21m
全高 4.86m
翼面積 16m2 16m2 22m2 22.1m2
空虚重量 1,700kg 3,300kg 6,380kg
最大重量 2,800kg 3,250kg 6,000kg 8,995kg
最高速度 800km 900km 1,200km
上昇率 3,333m/分
到達高度 20,000m

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]