ルイーズ・マリー・アンヌ・ド・ブルボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイーズ・マリー・アンヌ・ド・ブルボン(Louise Marie Anne de Bourbon, 1674年9月15日 - 1681年11月18日)は、フランスルイ14世と愛妾モンテスパン侯爵夫人の庶子。トゥール令嬢(Mademoiselle de Tours)と呼ばれた。

1676年に認知され、幼児期はルイ14世に大切にされたが、7歳で亡くなった。