リー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リー川(River Lee、あるいはRiver Lea)は、イングランド河川テムズ川支流

ルートン近くのチルターン・ヒルズの北東部の白亜層を源泉とし、ほぼ東に進み、その後南に流れ、ロンドンでテムズ川と合流する。合流直前の部分は、ボウ・クリークと呼ばれている。

かつては重要な水運の要であったため、通行を容易にするため一部で拡張工事が行われ、リー川交通網として運河化されている。1613年ロンドンへリー川から、下流の工業地帯を迂回しきれいな飲料水を運ぶためにニュー・リバーという人工河川が作られた。リー川からルートンの西で別れ、ルートン、ハープンデンウェリン・ガーデン・シティハートフォードウェールホッデストンチェスハントアッパー・クラプトンハックニー・ウィックストラトフォードブロムリ・バイ・ボウカニング・タワーを経て、リーマスでボウ・クリークとして、テムズ川と合流している。

大ロンドンの中では、リー川はいくつもの貯水池を通過する。ブリムスダウンのキング・ジョージ・リザーバー、エドモントンのウィリアム・ガーリング・リザーバー、トットナムのバンブリー・リザーバーを通過する。トットナム・ハーレでは、いくつかの連携した貯水池があり、リー川はそこに流れ込んでいる。それらはロックウッド・リザーバー、ハイ・メイナード・リザーバー、ロウ・メイナード・リザーバー、ウォルサムストウ・リザーバー、ワーウィック・リザーバーである。スリー・ミルズの側も通過している。